忍者ブログ

「きしゃ」に限らず、我が家周辺の話題をお伝えします。

<< 09  2019/10  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31    11 >>

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

地元にある廃鉱「北ノ王鉱山」に久しぶりに行ってきました。
その昔、金を産出していたヤマです。

そこはラピュタの世界に迷い込んだかのようでした。
残念ながら例のロボット兵は見当たらず(笑)

その金山、閉山から70年近くが経過しており、
残る遺構は煙突、精錬所、分析所、貯水槽などコンクリート構築物のみ。
コンクリートの天井からは溶けた石灰が氷柱状になっていました。

たまには廃キングも良いものです♪


2015.05.07 生田原 北の王金山跡






















にほんブログ村 鉄道ブログ 北海道の鉄道へ
にほんブログ村

にほんブログ村 子育てブログ パパの育児へ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ
にほんブログ村

拍手[1回]

PR

Post your Comment Post your Comment
Name
Title
E-mail
URL
Comment
Pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
Comment Title こんばんは。

初めまして&こんばんは。突然、コメント差し上げます失礼をお許しください。当方、遠軽町在住の撮り鉄カメラマンです。DD51の撮影では、生野や生田原の直線沿線、146kp、留辺蘂大カーブなどに行って撮影していました。今、各地の鉱山に興味があって、先月は四国の別子銅山、先週は丸瀬布の北見鉱山跡に行って来ました。生田原の北ノ王鉱山跡にも以前、行こうと思ったのですが、どこから入って行けば良いのか場所が分からず、ネットを検索していたらこちらのブログにたどり着いたという次第です。もし、支障がなければ、場所を教えていただけたらとコメントさせていただきました。ブログのコメント記入の仕方もよく分からず、name欄に本名を書いて良いのか、ハンドルネームでよいのか分からず、不躾は承知ですが、ご返事いただければ幸いです。よろしくお願いします。

とんちゃん 2015/05/12(Tuesday)20:04:20 Edit
 Re:こんばんは。 Comment

とんちゃん 様

初めまして。コメントありがとうございます。地元の方でしたか、今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

金山の行き方についてですが、国道242号線に沿って生田原市街地を進んでいくと、左手に「こどもや商店」という古いお店があります。そのお店の横を左折し、踏切を横断、あとはひたすら直進します(通称、金山通り)。上り坂の手前(左手に保育所あり)に金山跡を偲ぶ、やや大きめの看板がありますので、そこが金山の入り口になります。そこから少し進むと二股に道が分かれますが、右手の悪路の方を進んでいきます。そこからはかなりの悪路ですので四駆が無難かと思われます。その悪路を道なりに進んでいくと、左手に遺構(階段跡、かまぼこ型コンクリート遺構)が見えてきます。しかし、草木が生い茂っているので、かなり気を付けなければ見落とすかもしれません。確か、跡地の道路沿いに地元有志の方々が散策の際につけた「蛍光ピンクリボン」が目印であったと思うのですが・・・。 金山跡地には先ほどのピンクリボンが目印で至る所に巻きつけてありますので、それをたどっていけば一通りの遺構は見て回れると思います。

 廃鉱めぐりを多数されておられるようで、経験はかなりおありかと存じ上げます。若輩者のわたくしが「自己責任うんぬん」を口を出すのは非常におこがましいかと思いますが、現地はかなり鬱蒼としています。僭越ながら安全対策、自己防衛等の準備をしっかりとなされ、より「廃キング」を楽しんでいただければと思います。

追伸・・・地元有志で作る「生田原宝探し実行委員会」なるものが、年に2回程度(春、秋)生田原金山跡を散策しているとの事です。メンバーは様々ですが、地元歴史愛好家や営林署OB、ハンターもいるそうなので、散策するのには心強いかもしれません。もし、興味がありましたら、問い合わせてみてはいかがでしょうか?

【2015/05/1319:17】
Comment Title 無題

こんばんは。
ご丁寧に教えていだたき、どうもありがとうございました。こちらこそどうぞよろしくお願いします。リンクに貼られているjamさんとは、白滝鉄道愛好会の会長、事務局長の間柄で、ご主人とは職場が同じなんですよ。

うわ~、すごく分かりやすいです。入口から入った分岐点で左ではなく右に行くのですね?そこから距離にしてどのくらい進むのでしょうか?

入山の際には、安全対策をしっかり行い、自己責任の上で行きたいと考えています。あまり先に延ばすと、草や木々の葉が伸びて、遺構にも近寄りづらくなりますよね。教えて頂いた「生田原宝探し実行委員会」に同行するのは心強いですね。一度問い合わせてみようと思います。会員以外のオブザーバー参加は可能なんでしょうかね?どなたに問い合わせたらよいのか、ご存じありませんか?

wood stockさんが先日入られた時には、お天気も良くいい写真が撮れましたね。とても参考になりました。本当に有難うございます。m(__)m


とんちゃん 2015/05/13(Wednesday)21:21:44 Edit
 Re:無題 Comment

とんちゃん 様

コメントありがとうございます。

 Jam様こと「K様」とは直接お会いしたことはないのですが、何かとやり取りを続けさせていただいております。いつかはお会いしたいと思ってはいるのですが、なかなか機会に恵まれずにおりまして・・・

 先日入山した際にはすでに新緑が茂り始めており、見通しが悪くなりつつある状況でした。今年は春先に暖かい日が続き、葉の伸び具合も例年より早いようです。アタックするのにはそろそろリミットかもしれません。あとは葉の落ちる11月以降になってしまいますね。

 遺構付近までについてですが、分岐から進んでいくと、道が右にカーブしていきます。そのカーブを過ぎ、道路がまっすぐになったあたりから、左手を注意していけばわかるかと思うのですが、何せ立ち木やら笹薮やらで見通しが本当に悪いです。分岐から距離にして200、300メートルくらいだったと思います。そのあたりになると右手側が牧草地のように少しひらけており、道幅がやや広くなっています。右手に生田原市街が見渡せるようになっているのでわかりやすいかと思います。路肩に寄せれば車一台分であれば何とか駐車可能です。確かその付近の立ち木にピンクリボンが目印として巻きつけてあったような・・・。その付近のやや上の斜面を注視していただければ階段の遺構が見えるかと思います。さらにそこから少し道路を進むと、道路沿いの左手斜面上部にカマボコ型の遺構が見えてきます。

 さて、「宝探し実行委員会」ですが、実はうちの父親も会員なんです。おそらくオブザーバー参加は可能かと思われます。メンバーもほとんど年配の方ですし、快諾してくれそうな気がします。金山散策以外にも、不定期ながら地元にちなんだ活動をしているようです。近々金山散策予定ありとの情報も未確認ながら聞いていますが・・・

 はっきりとした問い合わせ先はわからないのですが、確か市街中心部(信金向かい)の食堂「ぽっぽ屋」(SL常紋号のラッピングが目印)の店員さんで会員の方がいると思いますので、お食事がてらお話をされてみるのはどうでしょうか? ちなみにぽっぽ屋さんは、冬のタマネギ列車撮影隊の情報基地的な役割も担っているようです。店内にはデーデー時代の石北臨貨の写真が所狭しと飾られてもいますのでお勧めいたします。

 私からも何か情報があれば微力ではありますがお知らせしたいと思います。今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

【2015/05/1510:25】
Comment Title 無題

おはようございます。
毎回、丁寧で分かりやすいご回答どうもありがとうございます。航空写真と見比べると、だいたい場所が分かりました。貴重な情報どうもありがとうございます。

実は、いただいた情報をもとに、昨夜、ポッポ家さんの方に行って来ました。そこは何度か食事に行ったことがあったお店で、2階に飾ってあるDD51の写真も見せてもらったことがありまして、店のおばさんも覚えていてくれました。消防演習があったらしく、店長さんは最初はいらっしゃらなかったのですが、なんとお宝推進委員会会長の三比先生(診療所の)が偶然いらっしゃって、色々お話をしてきました。来週は鴻之舞金山と上藻別駅逓に行くそうで、北ノ王鉱山には行く日にちは決まっていないそうですが、行くことが決まったら連絡してくれるそうです。wood stockさんもそうですが、生田原の方は、みんな親切ですね!

近々、行く機会ができればよいのですが、、、。本当にどうもありがとうございます。八重の釣り堀にも2回ほど行ったことがあり、jamさん一家と今年も釣りに行こうかと計画中です。今後ともよろしお願いします。

とんちゃん 2015/05/15(Friday)07:10:36 Edit
Script:Ninja Blog  Design by: タイムカプセル
忍者ブログ [PR]